ユーザー

2018/07/02

WordPressWordPress管理画面「ユーザ」では、ユーザの新規追加・管理をすることができます。追加できるユーザ権限は、購読者・寄稿者・投稿者・編集者・管理者になります。各ユーザ権限については、『ユーザの種類と権限』をご参照ください。

本ページでは、ユーザ機能について紹介します。

それでは以下、ご参照ください。

スポンサーリンク

ユーザー一覧

WordPress管理画面「ユーザー」、もしくは、「ユーザー>ユーザー一覧」を押すとユーザ画面が開きます。

WordPress_ユーザ_ユーザ一覧_00

 

各項目について、以下表に示します。

項目 説明
新規追加 新規ユーザを追加画面を開きます。詳細は下方[新規追加]をご参照ください。
絞り込みリンク ユーザ一覧を権限グループに応じて絞り込むことができます。
[購読者][寄稿者][投稿者][編集者][管理者]リンクより絞り込みをすることができます。
ユーザを検索  キーワードにより、ユーザ一覧の検索をすることができます。
一括操作 [削除]+[適用]ボタンで選択したユーザを一括で削除することができます。
権限グループ変更 [権限グループ]+[適用]ボタンで選択したユーザの権限グループを一括で変更することができます。[権限グループ]には、”購読者” or “寄稿者” or “投稿者” or “編集者” or “管理者”を指定することができます。
一覧 ユーザ一覧を表示します。
[ユーザ名]、もしくは、[編集]リンクを押すと、ユーザを編集画面が開きます。管理者の場合は、プロフィール画面が開きます。詳細は下方[あなたのプロフィール]をご参照ください。ユーザを編集画面、プロフィール画面は、ほぼ同じ画面です。
[削除]リンクを押すと、当該ユーザを削除することができます。
[表示]リンクを押すと、当該ユーザが作成した記事の一覧ページを表示します。
[メールアドレス]リンクを押すと、PCにインストールしているデフォルトメーラーで、対象アドレス宛ての新規メールを作成することができます。
[投稿]の数字リンクを押すと、当該ユーザが作成した記事の一覧画面を表示します

ユーザ一覧については以上です。

新規追加

WordPress管理画面「新規追加」を押すと新規ユーザを追加画面が開きます。

WordPress_ユーザー_新規追加_00

 

各項目について、以下表に示します。

項目 説明
ユーザ名(必須) ログインユーザ名を入力します。
メールアドレス(必須) メールアドレスを入力します。サイト内で重複することはできません。
名を入力します。
姓を入力します。
 ウェブサイト  ウェブサイトのURLを入力します。
 パスワード  [パスワードを表示]ボタンを押すと、ランダムに生成されたパスワードが表示されます。ここで直接パスワードを入力することもできます。
 ユーザに通知を送信  [新規ユーザーにアカウントに関するメールを送信]にチェックを入れると、入力したメールアドレス宛に、ユーザ追加のお知らせメールが送信されます。
 権限グループ  [権限グループ]には、”購読者” or “寄稿者” or “投稿者” or “編集者” or “管理者”を指定することができます。

[新規ユーザーを追加]ボタンを押すと、ユーザが追加されます。

WordPress_ユーザー_新規追加_01

以下が、新規ユーザ宛てに送られたメールになります。

WordPress_ユーザー_新規追加_02

新規ユーザ追加のお知らせメールの上のリンクを押すと、下記のようなパスワードリセット画面が表示されます。[新規パスワード]を入力した上で、[パスワードをリセット]ボタンを押すと、パスワードが変更されます。

WordPress_ユーザー_新規追加_03

新規追加については以上です。

あなたのプロフィール

WordPressインストール時に、デフォルトで作成する、管理者ユーザのプロフィール編集画面になります。他ユーザの編集画面も、本画面と同等なので、こちらをご参照ください。

WordPress管理画面「あなたのプロフィール」、もしくは、「ユーザ一覧」に表示される同管理者ユーザを押すとプロフィール画面が開きます。

WordPress_あなたのプロフィール_00

各項目について、以下表に示します。

項目 説明
 個人設定
ビジュアルエディター 下方[ビジュアルエディター]をご参照ください。
シンタックスハイライト 下方[シンタックスハイライト]をご参照ください。
管理画面の配色 ユーザ単位で、WordPress管理画面の配色を変更することができます。
キーボードショートカット WordPress管理画面「コメント」のコメント一覧操作時のショートカットを利用するかどうかの設定です。『 詳細情報』でショートカットについて紹介されています。
ツールバー 下方[ツールバー]をご参照ください。
言語 Englishか日本語を選択します。
 名前
 ユーザ名 ログインユーザ名です。変更はできません。
 名 名を入力します。
 姓 姓を入力します。
 ニックネーム(必須) ニックネームを入力します。
 ブログ上の表示名 ニックネーム or ユーザ名 or 名 or 姓 or 名姓 or 姓名を選択します。
 連絡先情報
 メールアドレス(必須) メールアドレスを入力します。サイト内で重複することはできません。
 ウェブサイト ログインユーザがコメントした時に、コメントに表示されるユーザのリンクとして、ウェブサイトのURLが設定されます。
 あなたについて
プロフィール情報 プロフィールを入力します。
プロフィール写真 プロフィール写真はWordPress管理画面では変更することができません。下方[WordPressユーザのプロフィール写真変更(Gravatar)]についてをご参照ください。なお、『Gravatar』で作成するプロフィール写真は、上記メールアドレスと紐づけられます。
 アカウント管理
新しいパスワード  [パスワードを生成する]ボタンを押すと、自動生成されたランダムパスワードが表示されます。

自分で入力したパスワードでではないので、必ず控えておいてください。[プロフィールを更新]ボタンを押したら、そのパスワードに変更されます。

 セッション  [他のすべての場所でログアウト]ボタンを押すことにより、今利用している端末以外を全てログアウトさせることができます。

[プロフィールを更新]ボタンで編集内容が反映されます。

[ビジュアルエディター]について、”ビジュアルリッチエディターを使用しない”にチェックを入れると、以下のように、エディタが簡素になります。メニュー「投稿」投稿フォームの説明を見て頂ければ、違いがわかります。

WordPress_ユーザ_ビジュアルリッチエディタOFF

[シンタックスハイライト]について、”コード編集中のシンタックスハイライトを無効化”にチェックを入れると、以下に示すコードエラー表示がなくなります。おそらく、画面の動作が重い時に、このチェック処理を外すことにより、軽くなるのではないかと思います。

WordPress_ユーザ_シンタックスハイライトOFF

[ツールバー]について、”サイトを見る時にツールバーを表示する”にチェックを入れると、下記のように、上辺に表示されるツールバーが表示されなくなります。これはログインユーザに適用される機能であって、一般の閲覧ユーザは、常にツールバーは表示されません。

WordPress_ユーザ_ツールバー

あなたのプロフィールについては以上です。

WordPressユーザのプロフィール写真変更(Gravatar)

ユーザのプロフィール写真設定は、『Gravatars』で行う必要があります。

『Gravatars』にログインするためには、『WordPress.com』でアカウントを作成しなければなりません。Googleアカウント連携を利用すると、簡単にアカウント登録できます。

『WordPress.com』で作成したアカウントで『Gravatars』にログインすると、以下画面が表示されます。

WordPress_Gravatar_00

ここで、行うことが大きく二つあります。

①メールアドレスの登録

②メールアドレスに紐づける画像を登録

上記①②になります。メールアドレス、および、画像の登録が完了したら、[あなたのプロフィール]に示す、プロフィール写真は自動的に反映されます。

以下①②について紹介します。

 

①メールアドレス登録

上方に示した『Gravatars』ログイン後の画面で、[Add email address]リンクを押すと、以下画面が表示されます。

WordPress_Gravatar_01

[メールアドレス]を入力して、[追加]ボタンを押すと、以下画面が表示され、対象宛先にお知らせメールが送信されます。

WordPress_Gravatar_02

以下が、お知らせメールです。

WordPress_Gravatar_03

上記リンクを押すことで、登録が完了になります。

②メールアドレスに紐づける画像を登録

上方に示した『Gravatars』ログイン後の画面で、[Add a new image]リンクを押すと、以下画面が表示されます。

WordPress_Gravatar_04

[Upload new]ボタンを押します。

WordPress_Gravatar_05

[ファイルを選択]で登録する画像を選択し、[次へ]ボタンを押します。

WordPress_Gravatar_06

画像サイズを調整して、[Crop Image]ボタンを押します。

WordPress_Gravatar_07

G(あらゆる人に適切)、PG(不快感を与える恐れー13歳以上の人向き)、R(18歳以上の成人向き)、X(最高レベルの制限)のいずれかを選択して、[Set Rating]ボタンを押します。

サイト管理者はG,PG,R,Xの選択が何を意味するかはよく分かりません。例えば、Xにしたら、何をどう制限されるのでしょうか。普通の画像であれば、Gでいいと思います。

WordPress_Gravatar_08

最後に、紐づけるアドレスを選択して、[選択したアドレスに使用する]ボタンを押します。

WordPressユーザのプロフィール写真変更(Gravatar)については以上です。

 

スポンサーリンク