設定

2018/03/26

WordPressWordPress管理画面「設定」では、タイトル・キャッチフレーズ、URL形式、表示時間形式、やホームページ表示形式など、WordPressの全般的な設定をすることができます。

本ページでは、一般・投稿設定・表示設定・ディスカッション・メディア・パーマリンク設定について紹介します。

あと、本文・画像中記載の「try-projects.com」「site.try-projects.com」は、本サイト当初のドメイン、および、サブドメインです。諸事情により現在のドメインに変更、サブドメインは利用していないので、ご理解いただければと思います。

それでは以下、ご参照ください。

スポンサーリンク

一般設定

WordrdPress管理画面「設定」、もしくは、「設定>一般」を押すと一般設定画面が開きます。設定内容がどのように反映されるかは下方画像【サイトページ】【ディスカッション】も併せてご参照ください。

WordPress_設定_一般設定00

各項目について、以下表に示します。

項目  説明
サイトタイトル
キャッチフレーズ
サイトページのヘッダに表示するタイトル・キャッチフレーズを入力します。テーマ設定によっても大きく見栄えが変わると思います。テーマ設定の詳細はメニュー「管理画面>外観」>[テーマ]にて紹介しています。

>>テーマ

WordPressアドレス(URL) これらの項目を下手に変更してしまうと、管理画面やサイトページにアクセスできなくなるので十分に気をつける必要があります。アクセスできなくなった場合、おそらく修復するには再インストール、もしくは、サーバー上のファイルを直接修正する必要がでてきます。
変更については、下方[WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更する]で紹介しています。
サイトアドレス(URL)
メールアドレス 投稿に対するコメントの承認依頼やWordPressバージョン自動更新のお知らせなど、システム的なメールが届きます。本サイトではメニュー「さくらインターネット>メール設定」で紹介しているレンタルサーバーのメールを活用しています。

>>メール設定

メンバーシップ この項目についてはデフォルト設定のままです。今後、本機能を利用した時に、紹介していく予定です。
新規ユーザのデフォルト権限グループ
サイトの言語 デフォルト「日本語」にしています。
タイムゾーン デフォルト「 東京」にしています。
[日付のフォーマット][時刻フォーマット]  記事・コメントの日時フォーマットを指定します。フォーマット指定については『日付と時刻の書式の解説』で紹介されています。
週の始まり  ウィジェットで表示できるカレンダーの表示設定です。”日曜日” or “月曜日”に設定すればよいと思います。

【サイトページ】

WordPress_設定_一般設定01

【ディスカッション】

WordPress_設定_一般設定02

 

投稿設定

おそらくメール送信による投稿の設定になります。

投稿設定について、現時点では利用していないため、デフォルト設定のままです。今後、本機能を利用した時に、紹介していく予定です。

 

表示設定

WordPress管理画面「設定>表示設定」を押すと表示設定画面が開きます。下方画像【ホームページ】【投稿ページ】も併せてご参照ください

WordPress_設定_表示設定00

各項目について、以下表に示します。

項目  説明
 ホームページの表示 ホームページとはサイトを表示した時に、一番最初に表示されるページのことです。本サイトの場合、「https://trycreatesite.com/」にアクセスしたときに表示されるページを示し、メニュー「ホーム」が選択されていることがわかります。
■最新の投稿を選択した場合
ホームページに、投稿ページが表示されます。投稿ページについてはメニュー「投稿」で紹介しています。

>>投稿

■固定ページを選択した場合
ホームページに、固定ページが表示されます。[ホームページ]には、ホームページに表示する固定ページを指定し、[投稿ページ]には、投稿ページ一覧を表示するための固定ページを指定します。

>>固定ページ

 1ページに表示する最大投稿数  投稿ページに表示される最大数です。最大数を超えるとページ分割されます。
 RSS/Atomフィードで表示する最新の投稿数  この項目についてはデフォルト設定のままです。本機能を利用した時に紹介していく予定です。
 RSS/Atomフィードでの各投稿の表示
 検索エンジンでの表示 チェックON:作成したサイトはGoogleの検索結果表示対象
チェックOFF:作成したサイトはGoogleの検索結果表示対象外
サイトを作成途中で、まだ検索エンジンに表示されたくない場合は、OFFにしましょう。

本サイトでは、[ホームページの表示]には固定ページを選択しました。[ホームページ]には、全体概要の固定ページ作成して指定し、[投稿ページ]には、更新情報という空の固定ページを作成して指定しました。

【ホームページ】

WordPress_設定_表示設定01

【投稿ページ】

WordPress_設定_表示設定02

表示設定については以上です。

 

ディスカッション設定

投稿や固定ページに対するコメントの設定です。

現時点ではデフォルト設定のまま利用しています。今後、設定を行ったら紹介していく予定です。

 

メディア設定

メディア設定について、現時点ではデフォルト設定のまま利用しています。今後、設定を行ったら紹介していく予定です。

パーマリンク設定

WordPress管理画面「設定>パーマリンク設定」を押すとパーマリンク設定画面が開きます。パーマリンク設定とは、各投稿のURL形式の設定のことを言います。

WordPress_設定_パーマリンク設定00

各設定について、以下表に示します。

 

 

パーマリンク設定  説明
共通設定
基本 投稿は「https://ドメイン/?p=123」で表示
固定ページは「https://ドメイン/?page_id=123」で表示
123はシステムが自動で発番します。どのような法則で発番するのかはわかりません。
日付と投稿名  https://ドメイン/2018/03/18/sample-post/
sample-postには、投稿の題名が半角文字列or全角文字列で決定されます。
半角文字列の場合:投稿題名がそのまま設定される。
全角文字列がある場合:「”post-“+システムが発番した番号」が設定される。
sample-postの部分は投稿時に変更可能です。
月と投稿名  https://ドメイン/2018/03/sample-post/
sample-postには、[日付と投稿名]を参照
数字ベース  https://ドメイン/archives/123
123は[基本]を参照
投稿名  https://ドメイン/sample-post/
sample-postには、[日付と投稿名]を参照
カスタム構造  https://ドメイン/[カスタム]
以下文字列でカスタムのURL形式を設定します。

 %year%  投稿年
 %monthnum%  投稿月
 %day%  投稿日付
 %hour%  投稿時間(時)
 %minute%  投稿時間(分)
 %second%  投稿時間(秒)
 %post_id%  [基本]の123を参照
 %postname%  [日付と投稿名]のsample-postを参照
 %category%  投稿のカテゴリ
 %author%  投稿者のログインID
オプション設定
カテゴリーベース  この項目についてはデフォルト設定のままです。設定について紹介していこうと思います。
タグベース

本サイトは[共通設定]には”投稿名”を指定しました。

[共通設定]には”日付と投稿名”を指定した場合の例になりますが、投稿題名が半角文字列の場合、以下のように投稿題名がURLの一部になりました。デフォルト指定なので、”testpost”を任意の文字列に変更することもできます。
WordPress_設定_パーマリンク設定01

投稿題名が全角文字列の場合(全角文字列を含む場合)、以下のように”post-1086″がURLの一部になりました。

WordPress_設定_パーマリンク設定02

[共通設定]に”カスタム”を指定し、「/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%/%minute%
/%second%/%post_id%/%postname%/%category%/%author%/」を入力した場合は、以下のようなURLになりました。

WordPress_設定_パーマリンク設定03
パーマリンク設定については以上です。

WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更する

はじめに

まずはじめに、ここで紹介しているURL変更を行うにあたって、メニュー「さくらインターネット>WordPressインストール」>[さくらインターネット WordPressインストール]>[(1)「http://独自ドメイン/」形式が良い]に示す手順を行っていることが前提になります。

>>(1)「http://独自ドメイン/」形式が良い]

正しい理解がないまま、下手に変更をしてしまうと管理画面、および、サイトページにアクセスできなくなりますので十分に気をつけてください。変更については自己責任でお願いします。

 

変更手順

サーバーコントロールパネル』にアクセスして、[ドメイン/SSL設定]リンクを押し、ドメイン一覧を表示させます。

WordPress_設定_WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更する00

自分が設定したいサイトURLに該当するドメインの[変更]ボタンを押すと、ドメイン詳細設定が表示されます。

WordPress_設定_WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更する01

[2.マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください]の指定フォルダにWordPressがインストールされているフォルダを指定します。

自分が設定したいサイトURLのパターンごとに、以下のような指定になります。

自分が設定したいサイトURL 指定フォルダ
独自ドメイン http://独自ドメイン/ /home/△△△/www/wp
独自サブドメイン http://◇◇◇.独自ドメイン/ /home/△△△/www/◇◇◇/wp
当初の本サイト(参考) http: //site.try-projects.com/ /home/△△△/www/site

 

WordPressの管理画面にログインをしてメニュー「設定>一般」を表示します。

WordPress_設定_WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更する02

[WordPressアドレス(URL)][サイトアドレス(URL)]を変更します。

URLタイプ別に、[WordPressアドレス(URL)][サイトアドレス(URL)]の指定を示します。

URLタイプ [WordPressアドレス(URL)][サイトアドレス(URL)]指定
独自ドメイン http://独自ドメイン/
独自サブドメイン http://◇◇◇.独自ドメイン/
当初の本サイト(参考) http://site.try-projects.com/

[変更を保存]ボタンを押します。

再度ログイン画面が表示されるので、ログインします。この時点でURLを確認すると、URLが変更されていることがわかります。

WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更は以上です。

 

おさらい

「WordPressインストール⇒さくらインターネット設定⇒WordPress設定」のように、多くの画面を経てサイトURLを決定したので、URL・フォルダ関連が分かりづらく、混乱するかもしれません。

サイトURLを「http://独自ドメイン/」にするケースを例にして、少しおさらいをします。

①『さくらインターネット』のサーバーコントロールパネルで、WordPressインストール

インストール先URL:http://△△△.sakura.ne.jp/wp ★ここではデフォルトドメインを指定する。

インストール先フォルダ:/home/△△△/www/wp

 

②『さくらインターネット』のサーバーコントロールパネルで、独自ドメインの指定フォルダを変更

指定フォルダ:/home/△△△/www/wp ★①のインストール先フォルダを指定

 

③WordPress管理画面のメニュー「設定>一般」でWordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更

【変更前】http://△△△.sakura.ne.jp/wp ★①のインストール先URLでログイン

【変更後】http://独自ドメイン/ ★http://独自ドメイン/を指定

WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL)を変更するについては以上です。

さいごに

Googleで「/wp 消す」を検索してみると、結構、ソースを直接修正する方法を紹介しているサイトが多いと感じました。ソースを直接修正した場合、WordPress本体がバージョンアップされた時に、どうなるものかよくわかりません。バージョンアップして、ソース修正が元に戻って、結果サイトページや管理画面が表示されなくなることはないか??と思ってしまいます。

あと、サイトURLとサーバーフォルダの対応関係を正しく理解することが重要だと思います。

 

まとめ

本ページでは、WordPress管理画面「設定」の一般・投稿設定・表示設定・ディスカッション・メディア・パーマリンク設定について紹介しました。

また、サイトURL「http://独自ドメイン/wp」から「wp」の部分を取り除いた形式にする手順について説明しました。

あと、WordPress管理画面「設定>表示設定」>[検索エンジンでの表示]、これをOFFにしたままにすると、Google検索結果に表示されません。サイトを公開するタイミングで、必ずONにしましょう。

 

スポンサーリンク