MySQL設定

2018/03/26

さくらインターネット『WordPress』を利用するためには、『MySQL』というデーターベースソフト(DBMS:データーベース管理システム)が必要になり、『さくらインターネット』のレンタルサーバーでは、既にインストールされています。後は設定によりデーターベースを作成するだけで、WordPressをインストールできる状態になります。

本ページでは『さくらインターネット』における、MySQLデーターベースの作成について紹介します。

それでは以下、ご参照ください。

スポンサーリンク

さくらインターネット MySQLデータベース新規作成

『サーバーコントロールパネル』にアクセスし、[データベース設定]リンクを押すと、データベースの設定画面が表示されます。

さくらインターネット_データベース_作成00

[データベースの新規作成]リンクを押します。

さくらインターネット_データベース_作成01

[データベースバージョン]を選択します。データベースバージョンは以下方法で確認ができます。

データベースバージョン確認

お名前.com

  1. 『サーバーコントロールパネル』にアクセスします。
  2. [クイックインストール]リンク>[ブログ]リンク>[WordPress]リンクを順に押します。
  3. WordPressに関する情報として、MySQLのバージョンが記載されています。本サイトを作成した時点では、MySQLバージョンは5.0以上との記載があったので、デフォルトの5.5を指定しました。

[データベースユーザ名]は、サーバーコントロールパネルのお客様情報記載のアカウントと同一です。

[データベース名]を入力します。[データベース名]は、[データベースユーザ名]+”_”+[任意の半角英数字]になり、[任意の半角文字列]には、サイトに合った文字列にするとよいと思います。

[接続用パスワード]を入力します。

[データベース文字コード]はUTF-8のままでよいと思います。

2018/2/11時点、MySQLのバージョンは5.7となっており、データベース文字コードにはUTF-8(utf8mb4)、UTF-8(utf8)他が選択できるようになっていました。uft8mb4とは4byteになるUTF-8の文字のことらしいです。UTF-8(utf8mb4)を選択しておけば良いと思います。

[データベースを作成する]ボタンを押すと、データベースが作成されます。

データベースの作成上限は20個です。

データベースサーバ・データベースユーザ名・接続パスワードについては、WordPressインストールですぐに使うため、控えておきましょう。

以上でMySQLのデータベース新規作成が完了です。

 

さくらインターネット MySQLデータベース管理ツール

参考程度にデーターベースの管理ツールを紹介します。

管理ツールではデータベースのテーブルデータを直接管理することができます。SQLについてあまり知らない場合、見ないほうが良いです。下手に触るとテーブルデータを壊してしまい、サイト運用に支障をきたす可能性があるからです。

『サーバーコントロールパネル』にアクセスし、[データベース設定]リンクを押すと、データベース一覧が表示されます。

さくらインターネット_データベース_管理ツール00

対象データーベースの[管理ツールログイン]リンクを押すと、管理ツールログイン画面が表示されます。

さくらインターネット_データベース_管理ツール01

[ユーザ]と[パスワード]を入力します。

[サーバーの選択]には、データベースを作成したサーバーが、デフォルトで設定されます。

[実行する]ボタンを押すと、管理ツールメイン画面が表示されます。

さくらインターネット_データベース_管理ツール02

あまり詳しくは紹介しませんが、色々試してみるとよいと思います。

試しにSQLで「select * from wp733cdfcomments」と入力して実行してみたら、コメントテーブルの内容が表示されました。おそらくコメントの内容を直接編集することも可能だと思います。

さくらインターネット_データベース_管理ツール03

通常は使うことはないと思いますが、例えば変なプラグインを入れてしまいデータベースが壊れたとか、WordPressの不具合でデーターベースが壊れたなんてケースも無きにしもあらずです。その時は、管理ツールで直接テーブルデータを修復する事があるかもしれません。

MySQLのデータベース管理ツールについては以上です。

 

まとめ

本ページでは『さくらインターネット』におけるMySQLのデーターベース作成方法と、データベース管理ツールについて紹介しました。MySQLのデーターベースは、『WordPress』を利用するために作成します。

データベース管理ツールやSQLについても紹介しましたが、『WordPress』をインストールして利用するだけであれば、まったく知らなくても問題はないと思います。

 

スポンサーリンク