Google Publisher Toolbarについて

2018/04/09

スポンサーリンク

Google AdSense 間違いクリックとインプレッション

Google AdSenseを運用しているときに、一番気を付けることは、自分のサイトをクリックしてしまうことです。間違いクリックは仕方ないにしても、頻繁に自己クリックを発生させるとGoogleからペナルティを受けるらしいです。これはおそらく、AdSenseを運用する多くの人が知っていることだと思います。

「インプレッション」ってご存知でしょうか。これはサイト運用するようになってから初めて知ったのですが、サイトに配信された広告が表示された回数の事を指すらしいです。私もまだ、あまり詳しくはないのですが、Google AdSenseでは、インプレッションに応じた収益もあるらしいです。それを知らなくて、自分サイトを確認するために、たくさん閲覧していたのですが、ふとAdSenseの管理ページを確認したら、収益の見積額に数円程度計上されていました。これは、自分がきっかけで、収益計上されるのは、非常にまずいと思いました。しばらくして、Googleの方で、これは無効と自動判断して0円になり、安心はしたのですが、やはりむやみに自分のサイトを表示するのは止めにしました。過度にやると、おそらくペナルティの対象になると思います。

Google Publisher Toolbarで間違いクリックを防ぐ

色々調べていたら、「Google Publisher Toolbar」というGoogle Chromeのプラグインを発見しました。これを導入すると、AdSense広告の自己クリックを防ぐことができるらしいです。これは導入必須と思いました。ただ自己インプレッションは防げないと思いますので、過度の自己サイト表示は控えた方が良いと思います。

導入手順を以下に示します。

Chromeで「Google Publisher Toolbar」のページにアクセスし、[CHROMEに追加]ボタンを押して、インストールします。

GooglePublisherToolbar00

インストールが完了したら、Chromeの右上に「Google Publisher Toolbar」用のアイコンが表示されるので、同アイコンを押してみると、以下ポップアップが表示されます。アイコンが表示されていない場合、[⋮]ボタンを押すと、表示されます。

GooglePublisherToolbar01

Google AdSenseの[有効にする]ボタンを押すと、Googleアカウントを求められるので、入力すると設定完了になります。

自分のサイトにアクセスし、右上の「Google Publisher Toolbar」用アイコンを押すと、AdSense広告情報が表示されます。

GooglePublisherToolbar02

このプラグインの機能は、AdSenseの収益確認表示と不要広告のブロックです。右下に広告オーバーレイのスイッチがあります。これをONにすると、上方画像の様に、AdSense広告の上にオーバーレイが表示されます。これがあることにより、自己クリックを防ぐことができるそうです。

自己クリックを防ぐ機能が搭載されているわけではなく、AdSense広告に表示されるオーバーレイがクリックを防いでいる形になります。AdSense広告の種類で、記事内広告というのがありますが、この広告にはオーバーレイが表示されないことがあったので、気を付ける必要があります。

ちなみにですが、ちょっと自己クリック判定されるのは怖いので、まだオーバーレイ上でのクリックは試していません。。

以上

スポンサーリンク