AdSense審査とポリシーについて

2018/04/09

スポンサーリンク

Google AdSense審査通過

このサイトもやっとのことで、Google AdSenseの審査が通りました。

GoogleAdSense00

申請を出してから8日目で承認されました。Googleに審査をかけた時、「審査は一日程度で終わりますが、それ以上かかることもあります。」というような記載がありました。このサイトは、ある程度ボリュームもあったし、内容についてもポリシー違反は絶対にないとの確信があったため、審査はすぐに通るだろうと高をくくっていました。しかし、申請後、Googleから全く音沙汰なしでかなり不安に思っていました。

プライバシーポリシーは必須

何か悪い部分があるのではと思い『AdSenseヘルプ』は一通り確認しました。特にポリシーの部分は十分に確認した方が良いと思います。また、定期的に確認をすることも必要であると思います。

必須コンテンツ-AdSense』という内容が非常に気になりました。内容はプライバシーポリシーが必要だということです。ただ、これはおそらくAdSenseの審査が通り、運用し始めた時に必須なコンテンツであり、審査時には必要がないものだと思います。ただ、この時、Google Analyticsは既に運用していたというのもあり、メニュー「サイトポリシー」は作成しました。個人情報や著作権、免責事項も付け加えています。『プライバシーの開示に関するポリシー』記載の通り、Google Analyticsも同様にポリシー設置が必要になります。

AdSenseやAnalyticsについてのポリシーについて、簡単に言うと、サイトにアクセスしたユーザに対して、「Gookieを利用して閲覧したURLやIPアドレスを取得し、アクセス解析に使ってます」ということを開示する必要があるという事です。

あと、ポリシーの書き方について調べてたら、結構、完全コピペのポリシーページをいくつか発見してしまいました。ネットで検索するとわかっちゃうのですよね。なので、AdSenseやAnalyticsについては、Googleの説明を流用しつつ独自作成、個人情報や著作権、免責事項についても、どこからかテンプレを持ってきて(お前もかって言われそう。。)、これも自分のサイトポリシーに合うように作りました。流用率高めですが、一応自分で作ったつもりです。でも、「完全コピペはアカン!」ですね。酷いのになると、ポリシーページに個人名を入れているケースがあり、個人名ごとコピペされていることがあったそうです。一応、一通り自分で内容を理解して、書くべきですよね。SEOの観点からは、コピペページがあると、そのサイト自体の評価が下がり、検索結果に悪影響が出るらしいです。

ちなみに、サイトポリシーを作った次の日くらいに、AdSense申請が承認されました。これが良かったのかどうかはよくわかりません。

以上

スポンサーリンク